TOP >  ニュースリリース >  川崎大師9月の行事予定です。

ニュースリリース, ビジネスホテル多満ちの近隣情報, 川崎大師, 近隣の観光情報

川崎大師9月の行事予定です。

急に涼しくなり体調管理が難しい日が続いております。お体ご自愛ください。
9月の川崎大師の予定です。情報が変更になる事がございますので詳細は(こちら)をご覧ください。

写経会

2017年9月9日(土)13:00~

 

稚児大師年祭(ちごだいしねんさい)

2017年9月17日(日)
11:30護摩に引き続き 大本堂

大本堂にお祀りされる稚児大師尊像は、弘法大師さま5歳の頃のお姿で、昭和44年に当山講社・帝都一心講より奉納された学業成就・子育満足の御本尊です。日頃から、赤ちゃんの初まいりや、七五三子育祈祷の御本尊として篤い信仰が寄せられています。
年祭法要は、稚児大師ご宝前において、大勢のご信徒が参列して修行されます。

 

遍路大師年祭(ヘんろだいしねんさい)

2017年9月20日(水)
14:00~ 遍路大師尊像前

境内に立つ遍路大師尊像は、昭和48年の弘法大師ご誕生1200年鑽仰奉祝記念事業として、当山講社・淀橋常夜燈講の寄進により造立されたものです。
このお像は空海上人の巡錫されるお姿が躍動的に表現されています。さらにその周りには尊像を囲って「新四国八十八カ所霊場」が創設され、ご信徒の篤い信仰をあつめています。
その遍路大師尊像の前で当山貫首大導師のもと、淀橋常夜燈講講員をはじめ大勢の参詣者が参列して厳かに年祭法要が修行されます。

二箇大法要(にかだいほうよう)

2017年9月21日(木)
14:00~ 大本堂

当山で1年に5回修行される特別な法要で、経文に曲調をつけて奉唱し、み仏の徳をたたえる「梵唄(ぼんばい)」と華をまいてみ仏を供養する「散華」という2つのお経を中心とした法儀です。
大本堂内では大勢のご信徒が参列するなか、信徒安全・興隆仏法祈願の大護摩供の修行とともに、密教色豊かな格調高い法儀がつぎつぎにくりひろげられます。この法要のなかで僧侶が「香華供養仏」ととなえ、いっせいに華を散じ、その華がハラハラと舞うさまは、まさに法悦の境地といえます。

秋彼岸

2017年9月20日(水)~26日(火)

彼岸とは、梵語のハラミタの訳で、到彼岸ということです。「涅槃経」に「生死を以て此岸となし、涅槃を以て彼岸となす」とあります。
つまり、大衆がいろいろな煩悩に心をとらわれて、生死の海にさまようのを此岸といい、その海をこえて、悟りの岸に達するのを到彼岸といいます。
春分もしくは秋分を中心に、7日間を彼岸といい、仏事法要を営み、お墓参りをします。彼岸は日本仏教独特のうるわしい行事で、聖徳太子の時代(今から1400年ほど前)に始まったといわれています。

川崎大師のお参りや観光の際のご宿泊はビジネスホテル多満ちをご利用ください。